【海外挙式と国内披露宴】親族・ゲストはどこまで招待する?新郎新婦ゲスト人数の割合は?私たちの実例!

  • 2020年5月17日
  • 2021年8月16日
  • 結婚

私たち夫婦は2018年4月にバリ島で海外挙式、2018年7月に横浜で披露宴をしました。

今回は

  • 親族とゲストをどこまで招待したか
  • 新郎新婦ゲスト人数の割合で揉めたこと

私たちの実例をご紹介します!


結婚式に招待する親族・ゲストについてはけっこう悩みました。とくに悩んだのは国内披露宴に招待するゲストの人数と割合です。



当初、新婦(私)側のゲストが多すぎて揉めたりもしました。最終的には新郎側・新婦側で同比の人数になるように調整しました。



これから実例をご紹介しますが、私が本気でオススメしたいのがこの本です。

すてきなおもてなしと気遣い 結婚準備の便利帖

招待するゲストをどうやって選んでいくか?などなど、悩んだ時にはパラパラめくっていました。結婚式の準備途中で買ったので「もっと早く買っておけばよかった」と後悔したくらいです。  

海外挙式は両親・きょうだい(兄弟妹)を招待しました

2018年4月にインドネシア・バリ島のアヤナリゾート &スパ バリで挙式をしました。

新郎・新婦両家とも両親・きょうだい(兄弟妹)を招待しました!
なぜ両親・きょうだいを招待したかというと、

2人きりの結婚式は淋しいな…と思ったからです。

アヤナリゾート結婚式

家族全員に来てもらって、

  • 結婚する場に立ち会ってもらえた
  • ウェディングドレス姿・タキシード姿を見てもらえた
  • みんな仕事をしていて、全員そろって海外旅行に行ける機会になった

ので、両親・きょうだいを招待してよかったと思います!

関連記事

私たち夫婦は2018年4月にインドネシア・バリ島にあるアヤナ リゾート&スパ バリ(Ayana Resort and Spa BALI)で、両家家族(両親、きょうだい)を招いて結婚式を挙げました。 ずっと[…]

アヤナリゾート結婚式

海外挙式の渡航費は自分たちで負担しました

海外挙式に関しては自分たちの意志で決めたことだったので、家族の渡航費は全て負担しました。

料金について詳しくはこちら!

関連記事

私たち夫婦は2018年4月にインドネシア、バリ島のアヤナリゾートスパバリで結婚式を挙げました。 挙式、パーティー、飛行機、ホテルの全てをHISウエディング専門サロンAvanti&Oasis(アバンティオアシス)から申[…]

バリ結婚式の費用

国内披露宴は親族・友人・会社の人たちを招待しました

国内披露宴では招待したい人みんな、親族・友人・会社の人たちを招待しました。

海外挙式をしていたので、親族のいる地元へ出向いて食事会という形式も考えました。
が、 両家親族の居住地が離れているため、それぞれの地元に行くのはあまり現実的ではありませんでした。
そのため、親族の旅費などはすべて両家で負担して、横浜まで来てもらうという形をとりました。


また、お世話になっている友人や会社の人たちにもお披露目したい気持ちがあり、 パーティーというよりはしっかりと披露宴の形式にすることにしました。

関連記事

私たち夫婦は2018年4月にインドネシア・バリ島にあるアヤナ リゾート&スパ バリ(Ayana Resort and Spa BALI)で、 両家家族(両親、きょうだい)を招いて結婚式を挙げました。 &nb[…]

横浜モノリスで結婚式

新郎新婦ゲスト人数に差が出ないように、人数割合を調整。

国内披露宴に関しては、両家両親から一部費用を負担してもらう予定でした。両家で同じ割合にするため、ゲスト人数も両家同比にしました。

もともと私(新婦)の招待したい人数が多かったので、人数を調整しました。


これはあくまで私たちの事例です。今まで招待してもらった結婚式では、人数比パターンはバラバラでした。


親族も招待する場合、ご両親が気にすることもあるかもしれません。一度両親に相談してみることをおすすめします

国内披露宴、親族をどこまで招待したか

親族は両家とも同じ範囲で招待しました。

  • 両親、きょうだい
  • 祖母(両家とも祖父は亡くなってます)
  • 叔父、叔母
  • いとこ、いとこ配偶者    

両親ときょうだいは結婚式に2回出てもらったことになりますが、

海外挙式はゲストで来てもらう、
国内披露宴では新郎新婦側でおもてなしする、

という感じで、立ち位置が違うイメージになりました。

披露宴前、両家親族紹介の様子
披露宴前、両家親族紹介の様子

国内披露宴の親族旅費は両家両親が支払ってくれました

披露宴は午前中スタートだったので、両家親族とも前日に横浜に前乗りしてもらいました。

交通費、宿泊費は両家両親が支払ってくれました。みなとみらいは観光スポットが多くて、前日も楽しんでもらえたようです。    

国内披露宴、友人と会社の人どこまで招待したか

友人については、新郎新婦共通の友人 (趣味つながり)、中学、高校、大学の友人 を招待しました。

会社については、同僚、上司、前職でお世話になった先輩方を招待しました。

新幹線を使う距離から来てくれた方にはお車代をお渡ししました。

まとめ:親族・ゲストを招待する範囲は両家両親に相談!

結婚式全般を通してですが、私たちは都度両親に報告するようにしました。 日程、ゲストの人数、料理などなど。

自分たちの料金負担だから、自分たちの自由に!というのもわかります。 でも、気持ちよく(揉めずに)結婚式を作り上げて行くには、家族の協力も欠かせません。 これは結婚式をしてみて強く思いました。

ぜひ、満足いく結婚式にしてくださいね。  


▼婚式準備におすすめの書籍です!

すてきなおもてなしと気遣い 結婚準備の便利帖