結婚式に間に合わせたくて25歳から2年半かけて歯列矯正した話!

  • 2020年10月11日
  • 2021年8月16日
  • 結婚
こんにちは!知覚過敏のしーくまーさーです。
私は25歳から2年半かけて歯列矯正しました。
抜歯し、歯の表面にブラケット+ワイヤーを付けて…というザ・矯正でした。
まだ結婚の話が具体的になってたわけでもないのに
「結婚式するかもしれない!」
と踏み切った歯列矯正。
口の中がズタボロになり痛くてツラい2年半でしたが、
綺麗な歯並びで無事結婚式をできて大満足!

たとえ結婚式をしなかったとしても歯列矯正はやっててよかったと思います。
そんな私の歯列矯正記録を書いていきます。

歯列矯正を始めたきっかけは「結婚式をするかもしれない」と思ったから

小学生くらいから八重歯で歯並びはガタガタ。
歯列矯正する前
小中高と、ずっと親から「歯列矯正したら?」と言われていたのですが、
自分では気にしてなかったので流していました。
また、歯列矯正していた友人の話を聞いては
時間もかかるし色々大変そうだなぁ…」と思ったりもしてました。
 
そんな私が歯列矯正しよう!と決めたのは
「結婚式をするなら綺麗な歯並びになりたい!」
と思ったからでした。
今の旦那さんとは20歳のときから付き合っていました。
歯列矯正を決めた25歳の頃は結婚について具体的な話はしてませんでしたが
「30歳までには結婚したいから、もう矯正しなきゃ!」と思い立ったのです。
▼結婚までの道のりはコチラ
関連記事

こんにちは!アラサーOLのしーくまーさーです。 私たち夫婦は3年半の遠距離恋愛を経験しました。 そして、彼が転職して関東に戻ってこれたことで結婚しました。 2人の気持ちが高まって結婚しちゃった! というようなロマンチック[…]

 
大学生時代には複数の友人が歯列矯正をしていて、みんな2年程度かかると聞いていました。
「自分が矯正するとしても2年くらいくらいかかるんだろうな」
と思い込んで逆算して、早く矯正始めなきゃ!という次第です。
(結局2年半かかりました)
 
今思えば早とちり感が満載ですが、結果的に歯列矯正を終えたのは結婚式の半年前でした。
歯列矯正を始めるなら早いに越したことはないと思います!

綺麗な歯並びで結婚式に臨めた

歯列矯正を終えた半年後、2018年4月に結婚式を行いました。
 
「歯列矯正して綺麗な歯並びになって本当によかった」と思いました!
なぜなら、ウェディングフォトはアップ&笑顔のカットがあるから…!
 
▼ウェディングフォトの様子はコチラ
関連記事

私たち夫婦は2018年4月にインドネシア・バリ島のアヤナリゾートで結婚式を挙げました。 https://yuru-active.com/bali-wedding-01/ 結婚式を終え、そのままウェディングフォトツアーをして[…]

 
歯列矯正せずガタガタな歯並びで望んでいたら、きっと後悔したんじゃないかと思います。
 
また、もし結婚してなくて、結婚式もしてなかったとしたら。
それでも歯列矯正してよかった!と思うはずです。
 
なぜなら…歯磨きがめちゃくちゃラクになるから!!!
ガタガタの歯の歯磨きってめっちゃ大変なんです。
虫歯にもなりやすいので、しっかり磨かないといけないです。
というわけで、とにかく歯列矯正してよかった!

歯列矯正のステップ

私の歯列矯正はざっくりと以下のような流れでした。 
  1. 抜歯、虫歯治療
  2. 歯の表面にブラケットをつける
  3. ブラケットにワイヤーを通す
  4. 時々ゴム掛けをする
  5. ワイヤーを徐々に太くしていく(月1ペース)
  6. ブラケットを取り外す!
  7. リテーナーを作る
  8. 食事以外はリテーナーをつけて過ごす
①〜⑦まででトータル2年半ほどかかりました。
 
もし結婚式までに矯正を終わらせたい!と考えている方がいるならば、早め早めに行動するのが良いと思います!
歯並びは人それぞれ。歯列矯正はオーダーメードのような感じになります。
まずは歯科で相談ですね👍

抜歯は上下1本ずつの計2本、ちょっと特殊?な歯列矯正

私は上下で1本ずつ(計2本)しか抜歯しない方法で歯列矯正しました。
(おそらく上下2本ずつ、計4本抜歯するという人が多いと思います。)
 
まず歯列矯正の相談をしに歯科へ行き、カウンセリングを受けました。
私の歯並びの場合、歯の表面にブラケットという樹脂製のパーツを付け、ワイヤーを通して矯正する方法が望ましいと言われました。
目立ちにくい「マウスピース矯正」や歯の裏側に矯正部品を付ける「裏側矯正」はできないということでした。
 
また、歯が重なるように並んでしまっているところもあり、抜歯も必要でした。
上下で2本ずつ(計4本)抜歯するのが一番早く矯正が終わるとのことだったのですが、
先生からは「時間が掛かるけれどなるべく健康な歯を残したほうがいい」と、
上下1本ずつ(計2本)の抜歯を勧められ、この方法を取ることにしました。
上は右側を1本、下は左側を1本抜歯しました。
見える部分は左右対称に見えるようにしつつ、噛み合わせを合わせていきました。
 
▼左が歯列矯正前、右が矯正後。
歯列矯正前
歯列矯正後
 
「左右バランス崩れるのでは…?」と不安はありましたが、今は何の問題もなく過ごせています!

歯列矯正の歯科選びポイント

私は中学生のときからお世話になっていた歯科(口腔外科)で歯列矯正もお願いしました。
歯列矯正って、歯科によって金額がマチマチとか聞いたりしますが、ブラケット+ワイヤーでの矯正はトータル100万円程度が相場のような感じだったので決めてしまいました。
また、ずっと通ってる歯科で(先生は怖いのですが)安心感があるというのが大きかったです。ちょっとした疑問でもこちらが理解できるように説明してくれるような先生です。
かかりつけの歯科が無かったりする場合は、いくつか相談してみるのもいいかもしれませんね。
歯列矯正にかかった費用はトータル約100万円
  •  最初に80万円
  •  矯正シュミレーション模型に3万円?
  •  毎月の矯正時に5,000円×30回=15万円
という感じで、総額約100万円でした。

25歳からの歯列矯正で辛かったこと

「歯並びが形成された大人になってからの歯列矯正は痛くてツラい」という話を聞いたりしてましたが…
25歳からの2年半、歯列矯正のツラいこと、かなりありました!

矯正器具で口の中がズタズタ、傷だらけになる

歯の表面につけたブラケットや、ゴム掛け用の金属部品。
これまで口の中に存在してこなかったものが装着されると…
内頬に引っかかり、口の中はズタズタ・傷だらけになりました泣
よく当たる部分にワックスを被せて保護したりと大変でした。
傷が治ってくると、また傷がつくということはなくなりましたが…矯正初期の口の中ズタボロ期は心が折れそうになりました。

大好きなインドカレーを食べられない

歯列矯正で歯の表面につける「ブラケット」。一番安価なものは金属ブラケットですが目立ってしまいます。
私は少し高くても目立ちにくい白色ブラケットを選びました。
ただ、ブラケットに通したワイヤーを保定する「ゴム」があるのですが、これがよく着色するんです……カレーを食べると一発で着色します。歯の表面が全て黄色く見えます。
ワイヤーの掛け替え=「ゴム」の交換 をするのは月1回です。
当時インドカレーにハマっていたのですが、好きな時にカレーを食せないことは地味にストレスでした…。
どうしてもカレーが食べたい時には、歯医者さんに行く直前にしていました。

ワイヤーの取り替え直後は痛くて何も噛めない

歯列矯正ではワイヤーを締めて歯の隙間を詰めていきます。
このワイヤー、最初は極細で、だんだんと太くなっていきます。
ワイヤーの交換自体は痛くも何ともなく、普通に過ごせますが何かを噛むと激痛が走ります。
激痛はワイヤー交換の当日〜数日で収まります。
でも、月1でこれを経験する感じなので「ずっと憂鬱」と言う感じ。笑
あまりに我慢できないときは鎮痛剤(バファリンなど)で治めていました。

最後のブラケット取り外しが拷問級に辛かった

歯の表面につけていたブラケットは、絶対に外れない接着剤のようなもので装着されます。
歯列矯正が終わるとブラケットとともに、この接着剤も削り落とすことになります。
私はこの作業が歯列矯正中でもっとも辛く感じました…
イメージとしては、軽い虫歯を削る痛みが30分以上続くような感じです。
たぶん、知覚過敏だからめっちゃ歯に響いていたんですよね。
先生も悲哀の表情をするくらい悶え苦しみました…

現在の歯並び&2年半の歯列矯正まとめ

現在は寝るときのみ「リテーナー」をつけています。
入れ歯のような着脱式で、歯型に合わせて作られています。
本当は日中も付けたほうがいいのですが、いろいろと不便なので…。
リテーナーには保定効果があります。つまり「歯列矯正は一生の付き合い」ということなんですね。
 
私の2年半の歯列矯正まとめ。
  • 結婚式があろうとなかろうと、歯並びが気になるなら歯列矯正はおすすめ。
  • 笑った時に気にならなくなる!
  • 歯磨きがめっちゃ楽になる!
  • 歯列矯正は痛くて辛くてしんどいけど、かならず終わりがある!
歯列矯正する前
歯列矯正後

▲左が歯列矯正前、右が矯正後。