私の結婚式ヘアスタイル♪セミロングの花嫁髪型・生花のヘッドピースを使いました

  • 2020年4月4日
  • 2021年8月16日
  • 結婚

2018年4月にインドネシア・バリ島のアヤナリゾートで挙式をして、


2018年7月に横浜・みなとみらいの横浜モノリスで披露宴をしました!

今回は横浜・みなとみらいの横浜モノリスでの結婚式(披露宴)で

私が実際にしたヘアスタイルについてご紹介します。



髪の長さはセミロングでした。

結婚式のために1年ぐらい?かけて伸ばしました!

横浜モノリスのビル入口で指さしてる私

私のウェディングドレス花嫁髪型①ポニーテール

まず実際のヘアスタイルをご紹介していきます。


ウェディングドレスのポニーテールではお花を集合させて、1つのアクセサリーみたく見えるようにつけてもらいました。


まず、サイド

ポニーテールの花嫁髪型サイド


バック

ポニーテールの花嫁髪型バック


正面!

ポニーテールの花嫁髪型正面


髪につけた生花は、ブーケ・ブートニアと合わせています。


この年は6月中に梅雨明けして、披露宴をした7月は猛暑の日が続いてました。


ウェディングドレスではアップスタイルの人が多いから、あまのじゃくでダウンヘアっぽくしたいけど

ゲストからは暑苦しく見られたくないなと考えてポニーテールにしました。

私のカラードレス花嫁髪型②シニヨン

お色直しではシニヨンのアップスタイルにイメージチェンジしました。

ポニーテールでは集合させてつけていたお花を、

シニヨンでは線状に並べるようにつけかえました。



まずサイド、

シニヨンの花嫁髪型サイド


バック

シニヨンの花嫁髪型バック


正面!

シニヨンの花嫁髪型正面

バリ島挙式でもシニヨンして気に入ったので!笑

あと、シニヨンの後頭部部分にお花を並べるのをやってみたかった〜!

うん、やっぱりかわいいヘアスタイルだったと自負できます笑

花嫁髪型のポイント①ヘッドピースにお花を使う

本当はバリ島挙式で「花かんむり」をしようかと思ってたのですが…


バリ島はお花をふんだんに使えるところで(おそらく日本よりたくさん採れる?)ブーケも、バージンロードにも、たっぷりのフランジパニを使ってもらいました。

アヤナリゾート結婚式
バージンロードはすべて生のフランジパニでした


そこに花嫁がフランジパニの花かんむりつけても、

あんまり目立たないかな・・・

と思って、バリ島挙式では2通りで使えるヘアアクセサリーを着用しました。



なので、国内披露宴では生花をつけようかな!と考えました。



結婚式というと挙式+披露宴のセットがほとんどだと思います。


挙式はやはり「セレモニー」感があるので、クラウンとか、しっかりアクセサリーを付ける人が多いのではないかと思います。


私たちの場合「国内結婚式」では

挙式なし、披露宴のみだったので

ヘッドピースを生花にすることで「パーティー」感を出すねらいです。



ヘッドピースのお花はブーケ・ブートニアに合わせてオレンジベースでまとめてもらいました。

生花のヘッドピース


このお花は全部生のお花です。

当日は水を吸い込ませたスポンジ?に一輪ずつ刺してセットされた状態でやってきました。

お花屋さんが一輪ずつ選んで準備してくれたんだろうなぁ。



ちょっと脱線しますが、会場全体の装花はバリ島っぽく、オリエンタル風にまとめてもらいました。

高砂の装花
高砂の装花
ゲストテーブルの装花
ゲストテーブルの装花


ブーケ・ブートニア・ヘッドピースのお花もなるべくオリエンタルに合うように。

さらにドレスが薄いサーモンピンクだったので、この色にも合うようにお花屋さんに生花を選んでいただきました。

※お花屋さんは横浜モノリスの提携


披露宴中は外れたりすることなく、快適にすごせました!

花嫁髪型のポイント②トレンドと逆行するダウンスタイル→アップスタイル

結婚式でのヘアスタイルを考えるとき、まず「ほかの人とはちがうことをしよう!」と考えました。

(ただのあまのじゃく笑)

  1. 挙式(ウェディングドレス) →アップスタイル
  2. 披露宴お色直し(カラードレス) →ダウンスタイル

がトレンドのように私は感じていました。


それなら「お色直しでアップスタイルにする」と、ちょっと違う感じが出るんじゃない?

というわけで、

  1. ウェディングドレス →ダウンスタイル
  2. カラードレス →ダウンスタイル

に決めました!


(念のためリハーサルのときに美容師さんに確認しましたが、
アップやダウンの順番・組み合わせは自由にしていいとのことでした!)


ただ、夏の暑い時期の結婚式だったので、

ウエディングドレスでのヘアスタイルは
ダウンスタイルといってもポニーテールにしました。



ウエディングドレスのヘアスタイルも、カラードレスヘアスタイルも、どちらもInstagramのハッシュタグ検索で調べました!

花嫁髪型・ヘアメイクリハーサルは必要?

結婚式前にヘアセットのリハーサルをするかどうか、おそらく確認されると思います。


横浜モノリスは「洋装2点(ドレスのこと)着付け+ヘアメイク+リハーサル」というパック料金だったので、リハーサル金額は初めから組み込まれていました。


ちなみにぜんぶで約9万円でした!

※ 洋装2点(ドレスのこと)着付け+ヘアメイク+リハーサル


結婚式場によってはヘアスタイルのリハーサルがオプション料金ということもあるかとおもいます。

それでも私はやったほうがいいと思います!

花嫁ヘアメイクリハーサル、やっておいてよかった

なぜかというと、

  • 事前に希望をしっかりすり合わせできて不安をつぶせる
  • 本番前にしたほうがいいことを教えてくれる

から。


まず、すり合わせについて。


リハーサルではやってみたい髪型を伝えて、実際にセットしてもらいます。


1つめの髪型、ポニーテールは「高め」「低め」2パターンでスタイリングしてもらいました。

結婚式ヘアメイクのリハーサル

低めのほうが落ち着いて見えていいな、と思って右側のスタイルに決めました。



担当の美容師さんは完成形をカルテに残してくれて、本番も間違いなくセットしてくれました。

(担当の美容師さんが一貫して リハーサルも本番も スタイリングしてくれました)


ぶっつけ本番でやっていたら、時間の制限もあるし、
不本意なままで入場してたかも…と思っちゃいます。



次に、本番前にしたほうがいいことについて。


アップスタイルの時に顔周りにぴろ~っと前髪を流したのですが、

「長さが微妙ですね」と美容師さんに言われました。

私は特になんも感じてなかったのですが、プロの助言を受けられてよかった!


「この前髪は顎くらいで長さを合わせてもらうように、ヘアカットの時に伝えてください」と美容師さんに教えてもらいました。


実際に披露宴の2日前にヘアカラー&ヘアカットで美容室に行き、
「このくらいで…」と美容師さんに伝えて切ってもらいました!


というわけで、

結婚式当日に満足いく気持ちで臨むためには、リハーサルに行くべきだと思います!

結婚式前、いつ美容院に行く?行きつけの美容院にする?

私は披露宴の前々日にいきつけの美容院に行っておきました。

いつも暗めアッシュですが、結婚式ように明るめにしました。カットは長さを整えるくらい。

カラー、カット、トリートメントの、いわゆる通常プランです。
結婚式前だしいいよね!っと、ヘッドスパをオプションでつけました(笑)

トータルで15,500円くらいでした。


美容院にはバリ島結婚式に行く前から通って、指名もして、固定の美容師さんにお願いしてました。

  • 私の髪質や傾向を知ってもらってる人なら失敗しにくいはず
  • つまり、直前に行っても安心


やはり結婚式前ギリギリに行って、最高の状態で結婚式に臨みたい!

そう考えて「直前に行っても安心」なように戦略的に美容院に通いました(笑)

結婚式を終えてみて、花嫁髪型に思うこと

結婚式を終えてみて、髪型については何の不満もなく。

むしろ今でも大満足しています!

一番は「自分のやりたいことを叶えるために、最大限考えて準備すること」が大事だったかなと思います。

結婚式まえは準備で大変です。そんなバタバタの中でヘアスタイル決めもしなくちゃいけなくて「もっとゆっくり考えたいよ~」とも思いました。

これを読んでくださったプレ花嫁さんにとって参考になればいいな。

少しでも時間を有効活用して、後悔しない花嫁髪型で結婚式に臨んでほしいです!

番外編・結婚式2次会のヘアスタイル

結婚式2次会ではシニヨンのまま、用意してきた造花の花かんむりにつけかえました!

結婚式2次会の花嫁髪型