東京で本場ナシチャンプル!MONNGO MORO(モンゴモロ)@新大久保 に行ってきました

こんにちは!
インドネシア・バリ島で結婚式したくらいインドネシア好きなしーくまーさーです
関連記事

私たち夫婦は2018年4月にインドネシア・バリ島にあるアヤナ リゾート&スパ バリ(Ayana Resort and Spa BALI)で、両家家族(両親、きょうだい)を招いて結婚式を挙げました。 ずっと[…]

アヤナリゾート結婚式
 
2020年もインドネシア・バリ島旅行を計画していましたが、
新型コロナウイルスの影響で中止に(泣)
 
そんな折、東京・新大久保に本格的なナシチャンプルーを食べられるお店があるという情報をゲットしました!
ナシチャンプルーとはご飯を盛った皿にお好みで選んだおかずを乗せる料理のこと。インドネシアの国民食です。ナシ=「ご飯」、チャンプル=「混ぜる」を意味します。
 
インドネシアを少しでも感じたい!
ということで早速、本格ナシチャンプルーが食べられるというモンゴ モロ (MONGGO MORO)に行ってみました。

新大久保で本場のインドネシア料理が食べられるMONNGO MORO(モンゴモロ)

モンゴ モロ (MONGGO MORO)はインドネシア人の方が店主で、本格的なジャワ料理が売りです。
お店へは新宿駅東口から歩いて行きました。
TOHOシネマズの脇を突っ切りひたすら直進。新宿のラブホ街を抜けると新大久保エリア。韓国料理、韓国食材のスーパーが目に止まります。
「今日は韓国じゃない!インドネシアなんだ!」
と気持ちを奮い立たせてずんずん歩きます。
モンゴモロ
 
日曜の13時、ランチタイム時でちょうど満席でした。
外で5分ほど待ちいざ店内へ。
モンゴモロの店内

日曜ランチタイムはインドネシアのお客さんで盛況

店内はほとんどインドネシア人のお客さんで埋まっていました。
日本人のお客さんは私たちのほか1組だけ。
 
インドネシアの人がこれだけ集まってるってことは
それだけ本格的なインドネシア料理が食べられるのかも?!
と期待が膨らみます!
 
席で待っていると店員さん(インドネシアの方。日本語が上手!)がランチの仕組みを案内してくれました。
店内奥のショーケース並んだおかずからメインのおかずを選びます。
モンゴモロのおかず
上段がメインのおかず。ここから1つ選びます。
2つ選ぶ場合は料金プラスです。
下段が付け合わせになるサブおかずです。
 
この日の日替わりメインおかずは
  • 揚げ鶏(アヤム・ゴレン)
  • 揚げアヒル(ベベッ・ゴレン)
  • 牛肉のココナッツ煮(ルンダン)
  • 魚を揚げたもの(イカン・ゴレン)
  • 肉団子(バッソ)
サブのおかずは日替わりの品が数種類と、ご飯がセットになってナシチャンプルーとして提供されます。
つまり、お客さんが選ぶのはメインのおかずだけです。
私たちは揚げアヒル(ベベッ・ゴレン)牛肉のココナッツ煮(ルンダン)を選びました!
 

揚げアヒル(ベベッ・ゴレン)のナシチャンプル

揚げアヒル(ベベッ・ゴレン)は鶏肉に似たような味、食感です。
皮はパリッとしていて、お肉は食感があるけどジューシー。クセも無く美味しかったです!
ベベッゴレンのナシチャンプル

牛肉のココナッツ煮込み(ルンダン)のナシチャンプル

手前のかたまりが牛肉のココナッツ煮込み(ルンダン)です。
繊維質な牛肉がココナッツ風味で甘めに味付けされています。インドネシアを感じる〜〜〜!
ルンダンのナシチャンプル
付け合わせはレタスときゅうり、ミーゴレン、野菜炒め、卵焼きでした。
全部崩して混ぜて、サンバルと混ぜながらいただきました。
 

ナシチャンプルーには手で食べるようのフィンガーボウルも一緒。

インドネシア人のお客さんは手で食べている方も多かったです。
 
あとインドネシア人のお客さんたちがみんな肉団子(バッソ)を食べていたので、気になって後から追加注文。ご飯はおかわり1回無料です!
バッソとお代わりごはん
肉団子(バッソ)は弾力があってプリプリ食感。コッテリしてそうな見た目とは裏腹にさっぱりと食べられました。
 

ヒーヒー辛くて美味しいナシチャンプル!

唐辛子を使ってる調味料「サンバル」は2種類、サービスで付いてきました。
サンバル
私は辛いのが得意な方ではないんですが、ナシチャンプルーがあまりに「辛くない」ので、サンバルをちょっとずつ追加しました。
サンバルを入れるとグンと美味しくなりました。
辛いけど!口がヒーヒーするけど…でも美味しい!
辛いのわかってるけどサンバルを追加したくなる…

セットのドリンクも忘れずに

セットドリンクもメインのおかずを選ぶ際、一緒に注文です。
サンバルと一緒に食べるとナシチャンプルーが辛いので、甘いドリンクをセットにするのがオススメです。
 
夫がバリ島でどハマりしていたアボカドジュース
現地で飲んだものと同じスタイルのアボカドジュースでした。
モンゴモロのアボカドジュース
味はちょっと甘め。アボカドの濃厚さを残したままのジュースです。
グラスの内側にチョコソースが付いているのも現地スタイル!
なんだかこれだけで嬉しくなる。
 
私はドラゴンフルーツジュースを注文。
モンゴモロのドラゴンフルーツジュース
氷も一緒にミキサーされてるようで、若干のシャーベット感あり。
秋も終わりに近づいた時期でちょっと寒くなりましたがスッキリ美味しかったです。

お会計は…

5,280円(税込)でした!

メニュー表が無いので注文の時に金額がよくわからず、まあいっかと注文してたので思ったより高くついてしまいました(汗)

牛肉のココナッツ煮込み(ルンダン)より揚げアヒル(ベベッ・ゴレン)の方が200円高いのですね。たしかに、アヒルなんてそうそう食べれないものね。

レシート
でも、なかなか食べれない本格インドネシア料理を食べれるのなら、これくらいの金額出しても文句なし。大満足です( ・∇・)!

大久保のインドネシア食材スーパーToKo Indonesiaへ

モンゴ モロ (MONGGO MORO)のナシチャンプルーでお腹いっぱいにな ったら、次はToko Indonesiaへ!
インドネシアの食材を扱っているスーパーです。
 
韓国料理店やコスメ店で賑わう大久保通りに沿って、新大久保駅方面から大久保駅方面へ歩いていきます。
大久保駅の裏側の小道を入っていくと…
toko indonesiaまでの道
ありました!
toko indonesia
半地下の小さなスーパーですが、こちらも外国人の方で盛況。
 
価格もさほど値上がりしてません。
 
日本に住んでいるインドネシア人の方には特に重宝するお店なんだろうな、という印象を受けました。
tokoindonesiaに売ってる缶詰
店内が賑わいすぎていてゆっくり見て回れなかったのが残念…
 
お茶(激甘)、サテのソース、ソトアヤムのスープの素を買ってみました。
toko indonesiaで買ったもの
サテソース、実は別の調味料「ケチャップマニス」も使わないといけなかったみたい。
裏面をよく見て買うべきですね〜_(┐「ε:)_
ケチャップマニスは砂糖や醤油を煮詰めたもので代替しました!
 
ソトアヤムは簡単に美味しいチキンスープが作れました。味はカレーっぽい感じ。
 

東京でインドネシアを感じるお散歩コースに!

モンゴ モロ (MONGGO MORO)からToko Indonesiaまでは徒歩20分くらい。
食後のお散歩にちょうどいい距離です!
 
間のコリアンタウンにも誘惑されますが…笑
 
ぜひ行ってみてくださいね。